写真:美唄出身・安田侃さん、建築学会文化賞 魅力的空間創出に功績 「大変名誉、うれしい」
北海道の今

美唄出身・安田侃さん、建築学会文化賞 魅力的空間創出に功績 「大変名誉、うれしい」

2020年08月19日

美唄市内出身でイタリアを拠点に活動する世界的な彫刻家安田侃さん(75)が、日本建築学会(東京)による同学会文化賞を受賞した。国内外の各地に安田さんの白大理石やブロンズの作品が置かれ続け、彫刻により魅力的な公共空間をつくり出した功績をたたえられた。安田さんは「大変名誉でうれしい」と喜びを語った。

 同賞は1986年から始まり、建築以外の分野の専門家でありながら、建築に造詣の深い個人を毎年3人ほど表彰している。同学会によると、彫刻家の受賞は安田さんで3人目。

 滑らかな流線形が美しい安田さんの作品は人を引きつける魅力があり、各地に置かれている優しい丸みを帯びた「意心帰(いしんき)」や「天秘(てんぴ)」といった作品では、子どもたちが上に乗ったり、寝そべったりする姿が見られる。自然あふれる道内から東京のオフィス街、欧州の文化都市まで、どこでも作品が調和するのが特徴で、安田さんは「国や民族、宗教、文化を越えた普遍性を持たせてきたため」と説明する。

 授賞に当たり同学会は、屋内外に作品を展示する安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄(美唄市落合町栄町)を「心に染み入る稀有(けう)のランドスケープ(風景)を形成している」と高く評価。安田さんは「特定の作品を見に行くのではなく、自然の中でゆっくり自分を見つめ直せる美術館であれば」と願った。

 新型コロナウイルスの影響で2月中旬以降、創作拠点のイタリアに戻れない日々が続く安田さん。一方、現地のスタッフと頻繁に連絡を取っているといい「いつも『いつ帰るのか』と催促される。早く戻って仕事をしたいですね」と、笑顔の奥にさらなる創作意欲をにじませていた。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:peach 新千歳⇆那覇 就航
AIRPORT INFO.
空港情報 peach 新千歳⇆那覇 就航
写真:北海道旅行補助・割引クーポン情報
CAMPAIGN
キャンペーン情報 北海道旅行補助・割引クーポン情報
写真:道内路線限定のおトクな運賃
AIRPORT INFO.
空港情報 道内路線限定のおトクな運賃

MOVIE