写真:小樽運河クルーズ、電動で 環境負荷軽減し、運航開始
北海道の今

小樽運河クルーズ、電動で 環境負荷軽減し、運航開始

2020年09月04日

小樽運河で小型クルーズ船を運航する「小樽カナルボート」(港町)は8月から、充電式バッテリーを搭載し化石燃料を使わない電動操船システム船の運航を始めた。

 同社は環境負荷低減のために、以前から使用済みの植物性食用油からつくるバイオディーゼル燃料を使用している。脱炭素化の流れが強まる中、新たに排出ガスを一切出さない電動モーター式の船を1隻導入した。基幹システムはヤマハ発動機が開発した「HARMO(ハルモ)」で、総トン数2・8トン、旅客定員42人。「カナル7号」と名付けた。

 7日に運河で進水式と安全祈願祭を行い、8日から運航している。小樽カナルボート職務執行者の菊地透さんは「コロナ禍で客足が減少する中、新たな船を導入して話題をつくり、小樽観光に寄与できれば」と話した。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:peach 新千歳⇆那覇 就航
AIRPORT INFO.
空港情報 peach 新千歳⇆那覇 就航
写真:北海道旅行補助・割引クーポン情報
CAMPAIGN
キャンペーン情報 北海道旅行補助・割引クーポン情報
写真:道内路線限定のおトクな運賃
AIRPORT INFO.
空港情報 道内路線限定のおトクな運賃

MOVIE