写真:倶知安にスケートボード施設 カフェ経営渡辺さん 敷地内に開業
北海道の今

倶知安にスケートボード施設 カフェ経営渡辺さん 敷地内に開業

2020年09月16日

【倶知安】町樺山でカフェ「グリーン茶草」とゲストハウスを運営する渡辺淳一郎さん(41)が、ニセコ地域初の本格的なスケートボード専用施設「ヌプリボウル」をカフェの敷地内に開業した。冬にスノーボードが盛んなこの地域で、夏の「横乗り」スポーツとして、観光振興に一役買いたい考えだ。

 ヌプリボウルはコンクリート製の屋外施設で、全長20メートル、幅10メートル、深さ最大1・4メートルのすり鉢状。総工費約200万円で、今月8日にオープンした。傾斜を滑り降りるほか、ジャンプやコースの縁を削るように滑る「グラインド」など、さまざまな技を練習できる。

 スケートボードは、スノーボードの夏季トレーニングとして行われることも多く、来夏に延期された東京五輪の正式種目に選ばれている。施設は開業後、地元や道内各地の愛好家でにぎわっており、上川管内中富良野町の自営業加藤敦士さん(36)は「騒音などを気にせず楽しめる。専用の施設は非常にありがたい」と話す。

 今後はコンテストなどのイベントも開催する予定。渡辺さんは「地域の新たな文化として広がると同時に、夏に楽しめるスポーツとして、国内外の観光客を呼び込めれば」と話す。

 午前10時~日没までで雨天休業。利用料金は1日千円、中学生以下は500円。問い合わせはメールinfo@greensaso.comへ。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:空港イベント情報はこちら
AIRPORT INFO.
空港情報 空港イベント情報はこちら
写真:peach 新千歳⇆那覇 就航
AIRPORT INFO.
空港情報 peach 新千歳⇆那覇 就航
写真:北海道旅行補助・割引クーポン情報
CAMPAIGN
キャンペーン情報 北海道旅行補助・割引クーポン情報

MOVIE