写真:水草と風が描くアート 美深「つつじ沼」
北海道の今

水草と風が描くアート 美深「つつじ沼」

2020年09月23日

高層湿原として知られる松山湿原(標高797メートル)の「つつじ沼」で、水草が不思議な模様を水面に描いている。

 つつじ沼は、周囲100メートルほど。水面の半分を埋めるように、長さ80センチ、幅4ミリほどの細長い緑の葉が無数に浮いている。風の影響なのか、髪の毛をくしでといたように同じ方向を向く。

 松山湿原の植物に詳しい堀田清・北海道医療大准教授によると、この水草はガマ科の多年草、ホソバウキミクリとみられる。環境省指定の絶滅危惧種で、北海道と長野県の高山帯の池に生息する。

 湿原の秋が迫る中、水草は夏の終わりの陽光をいっぱいに浴びて輝いている。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:peach 新千歳⇆那覇 就航
AIRPORT INFO.
空港情報 peach 新千歳⇆那覇 就航
写真:北海道旅行補助・割引クーポン情報
CAMPAIGN
キャンペーン情報 北海道旅行補助・割引クーポン情報
写真:道内路線限定のおトクな運賃
AIRPORT INFO.
空港情報 道内路線限定のおトクな運賃

MOVIE