写真:「日本一早い紅葉」北鎮岳色付く 道内第2の高峰
北海道の今

「日本一早い紅葉」北鎮岳色付く 道内第2の高峰

2020年09月25日

道内第2の高峰・大雪山系北鎮(ほくちん)岳(2244メートル)周辺で、ウラシマツツジの葉が赤く色づき始めた。「日本一早い紅葉」の始まりだ。

 3日、上川管内上川町層雲峡から入山し、ロープウエーとリフトを乗り継ぎ、黒岳(1984メートル)の7合目から登山開始。黒岳山頂を越え、北鎮岳に向かう稜線(りょうせん)上には、赤く染まったウラシマツツジが点在する。赤いじゅうたんのようだ。

 北鎮岳への最後の急登。夏の花イワギキョウが、青い花をまだ咲かせていた。

 山頂に着いた。道内最高峰の旭岳(2291メートル)や白雲岳(2230メートル)などを見渡す。「北海道の屋根」と称される大雪山系の中でも最も標高が高い一帯だ。雪渓はほぼ消えた。雪が降り始める直前の今が、最も雪がない景色が見られる時期だ。

 層雲峡のロープウエーとリフトを運行する「りんゆう観光」(札幌)によると、ウラシマツツジの紅葉は例年並みに始まったが、次に赤く染まるナナカマドは、このところの暑さで遅れ気味だという。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:peach 新千歳⇆那覇 就航
AIRPORT INFO.
空港情報 peach 新千歳⇆那覇 就航
写真:北海道旅行補助・割引クーポン情報
CAMPAIGN
キャンペーン情報 北海道旅行補助・割引クーポン情報
写真:道内路線限定のおトクな運賃
AIRPORT INFO.
空港情報 道内路線限定のおトクな運賃

MOVIE