写真:日暮れの砂浜 浮かぶ「大蛇」 天塩川で珍風景
北海道の今

日暮れの砂浜 浮かぶ「大蛇」 天塩川で珍風景

2020年10月07日

河口の砂浜に「大蛇」現る―。道内2位の長さを誇る天塩川の河口部でここ数日、日暮れ時になると、川の水が減少して大きく広がった砂浜に、無数のヘビが横たわっているようなゼブラ模様が出現している。

 留萌開建幌延河川事務所によると、天塩川の上流部で9月前半の雨量が比較的少なかった影響で、干潮を迎える午後6時ごろになると、川の水量が通常より減り、普段は水中にある河床の模様が現れるとみられる。

 ゼブラ模様は、河口部の流れにさらされ続け、形づくられたものとみられ、「ヘビ」は長いもので数十メートル。帯状のゼブラ模様は河口から100メートル上流にまで及ぶ。

 夕日を受けて陰影が際立つゼブラ模様は、猛暑が続いた今年の夏の置き土産のようにも見える。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:peach 新千歳⇆那覇 就航
AIRPORT INFO.
空港情報 peach 新千歳⇆那覇 就航
写真:北海道旅行補助・割引クーポン情報
CAMPAIGN
キャンペーン情報 北海道旅行補助・割引クーポン情報
写真:道内路線限定のおトクな運賃
AIRPORT INFO.
空港情報 道内路線限定のおトクな運賃

MOVIE