写真:壁や扉、飾り細やか 旧ロシア領事館一般公開 市民団体、200人を案内
北海道の今

壁や扉、飾り細やか 旧ロシア領事館一般公開 市民団体、200人を案内

2020年10月07日

函館市が民間事業者への売却方針を示している旧ロシア領事館(市船見町)の一般公開が12日行われ、市民ら約200人が普段立ち入ることのできない館内を見学した。壁や扉などの洋風の飾りなどを見て回り、建物の価値を再確認した。

 旧領事館の保存を求める「函館の歴史的風土を守る会」など計7団体でつくる実行委が、市民に旧領事館の価値を考えてもらう機会をつくろうと実施。市によると、一般公開は2014年以来6年ぶりだった。

 実行委のメンバーは、見学者を5人程度に分けて館内を案内した。1階は主に仕事場や社交場、2階は領事と家族が暮らす場として使われていたことや、扉のサイズは背の高いロシア人に合わせて高く設計されたことなどを説明した。

 熱心に装飾などをカメラで撮っていた市内の主婦伊藤伸代さん(42)は「壁や扉などの細やかな飾りがとてもきれい。雰囲気もある建物で、せっかくなら残してほしい」と話していた。

 市は老朽化した同館の改修に1億円以上かかると試算。「利活用したい」という事業者がいることから、市は外観などの維持を条件に売却する方針。

 実行委は13日午後2時から、市亀田交流プラザ(市美原1)で日ロの歴史や歴史的建造物の保存に詳しい専門家2人を招いた講演会も行う。参加無料。先着150人。問い合わせは同会の佐々木馨会長(電)090・8274・3153へ。

9-5-11ロシア領事館2RGB_medic_0052939328.jpg

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:空港イベント情報はこちら
AIRPORT INFO.
空港情報 空港イベント情報はこちら
写真:peach 新千歳⇆那覇 就航
AIRPORT INFO.
空港情報 peach 新千歳⇆那覇 就航
写真:北海道旅行補助・割引クーポン情報
CAMPAIGN
キャンペーン情報 北海道旅行補助・割引クーポン情報

MOVIE