写真:恐竜の町・小平の人気者に モニュメントを町中心部に移設
北海道の今

恐竜の町・小平の人気者に モニュメントを町中心部に移設

2020年10月21日

小平ダムに28年前から設置されていた恐竜「カモハシリュウ」のモニュメントが移設され、9月29日、本町のおびまる広場にお目見えした。国道232号のオロロンラインから全長7メートルの威容を眺めることができ、観光客らの話題を集めている。

 カモハシリュウは小平蘂(おびらしべ)川上流で1991年に化石が発見され、道内初の恐竜として広く知られた。恐竜化石としては78年に岩手県で見つかった「モシリュウ」に続き、国内で2番目。モニュメントは、小平ダムが完成した92年に町が同ダム東側の駐車場近くに設置し、長い間ドライブ客の目を楽しませてきた。

 移設は町が「より多くの人の目に触れられるように」と実施を決定。重量約2トンのモニュメントは9月12日、トレーラーに載せられ、同広場まで27キロの道を約2時間かけて運ばれた。

 黄金色の稲穂が輝く田園地帯を20~30キロのスピードでゆっくりと走り抜ける恐竜の姿に、農作業の手を止めて見入る町民の姿もあった。移設されたモニュメントを眺めた関次雄町長は「恐竜の町のシンボルとして人気者になってほしい」と新天地での活躍を期待した。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:北海道あちこち旅行キャンペーン
CAMPAIGN
キャンペーン情報 北海道あちこち旅行キャンペーン
写真:TEAM NACS オススメ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 TEAM NACS オススメ!
写真:peach 新千歳⇆那覇 就航
AIRPORT INFO.
空港情報 peach 新千歳⇆那覇 就航

MOVIE

HOKKAIDO LOVE! プロジェクト コンセプトムービー
HOKKAIDO LOVE! Go Toトラベルなら北海道 篇
TEAM NACSが語る これがおれたちのHOKKAIDO LOVE!