写真:水面からふわり 水上飛行機 洞爺湖一望
北海道の今

水面からふわり 水上飛行機 洞爺湖一望

2020年10月28日

洞爺湖(胆振管内洞爺湖町、壮瞥町)で、水上飛行機が華麗な飛行を見せている。車輪の代わりに舟型のフロート(浮き)を装着。エンジンをうならせて水面で加速すると、ふわりと飛び立った。

 後志管内倶知安町の不動産会社社長で、オーストラリア国籍のベン・カーさん(50)が、プライベートで楽しむため8月から洞爺湖を拠点に運航している。機体は米カブクラフターズ社製の2人乗り単発プロペラ機・CC19―180型。国内で水上飛行機は、海上自衛隊などで導入の例はあるが民間では珍しい。

 「北海道の空からの景観は素晴らしい。冬にはフロートをスキーに替えて、雪上離着陸にも挑戦したい」とカーさん。倶知安観光協会の副会長も務めており、将来は旅行客に遊覧飛行を楽しんでもらうなど、北海道の空を舞台にした新しい観光も模索中だ。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:北海道あちこち旅行キャンペーン
CAMPAIGN
キャンペーン情報 北海道あちこち旅行キャンペーン
写真:TEAM NACS オススメ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 TEAM NACS オススメ!
写真:peach 新千歳⇆那覇 就航
AIRPORT INFO.
空港情報 peach 新千歳⇆那覇 就航

MOVIE

HOKKAIDO LOVE! プロジェクト コンセプトムービー
HOKKAIDO LOVE! Go Toトラベルなら北海道 篇
TEAM NACSが語る これがおれたちのHOKKAIDO LOVE!