写真:追分“駅長ネコ”人気 特急見送り、日課にゃ~ 散歩兼ね2年半 乗客も手を振る
北海道の今

追分“駅長ネコ”人気 特急見送り、日課にゃ~ 散歩兼ね2年半 乗客も手を振る

2020年12月09日

胆振管内安平町のJR追分駅近くで「駅長帽子」をかぶり、沿道から列車の乗客を見送るネコが評判だ。病気をきっかけに、散歩がてら見送りを続けて2年半。飼い主で町追分地区の熊木千治(ちはる)さん(54)は「前足を振る姿が様になってきた」と笑顔を見せる。

 14歳の雄で灰色のしま模様が特徴の「ちょぼこ」。熊木さんが2012年、親戚から引き取った。

 ちょぼこは18年2月、太りすぎから糖尿病になり、動物病院で治療した後、10キロあった体重は6キロに減った。医師から散歩を勧められ、テレビで駅長帽をかぶったネコが紹介されていたのを思い出し、「ちょぼこにもかぶらせよう」と発案。インターネットでネコ用の帽子を買った。

 自宅から車で3分ほどの追分駅近くまで一緒に移動し、周りを約15分間散歩。ちょぼこを抱き、駅を毎朝7時半ごろ発車する特急「おおぞら1号」を、熊木さんの手助けで前足を振って見送るのが日課になった。

 18年5月から雨や雪の日以外は続け、今では乗客が車窓越しに手を振ったり、付近を通る登校中の小学生からも「おはよう」と声をかけられたりと、すっかり人気者だ。

 糖尿病が改善し、好きな物が食べられるようになり、体重は9・6キロに逆戻り。もう一度ダイエットが必要だが、「ちょぼこのお見送りをみんなが喜んでくれている。できる限り続けたい」と熊木さん。散歩にも精を出すつもりだ。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:はこだてFOODフェスタ2021
TRAVEL INFO.
旅行情報 はこだてFOODフェスタ2021
写真:クリスタルランドTOKACHI
TRAVEL INFO.
旅行情報 クリスタルランドTOKACHI
写真:冬のはこだて
TRAVEL INFO.
旅行情報 冬のはこだて

MOVIE

HOKKAIDO LOVE! プロジェクト コンセプトムービー
HOKKAIDO LOVE! Go Toトラベルなら北海道 篇
TEAM NACSが語る これがおれたちのHOKKAIDO LOVE!