写真:ピーチ、釧路空港初の成田線就航 コロナ拡大に不安も
北海道の今

ピーチ、釧路空港初の成田線就航 コロナ拡大に不安も

2020年08月19日

格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)の釧路―成田線が1日、就航する。釧路空港での新規路線開設は2018年8月のピーチ釧路―関西線以来、2年ぶり。1961年開港の同空港にとって初の成田線で、千葉や茨城など北関東から道東を訪れる観光客の増加が期待される。ただ、新型コロナウイルスの感染が都市圏を中心に再拡大し、不安も抱えている。

 ピーチの釧路―成田線は1日1往復。エアバスA320(180席)を使い、通年運航する。釧路空港では1日、ピーチの成田発釧路行きの初便の到着に合わせて就航記念式典が開かれ、北海道エアポート(千歳)や釧路市の関係者らが到着口で搭乗客を出迎える。

 ピーチが釧路―成田線を決めた背景には、釧路―関西線の実績がある。北海道新聞の調べで、同路線の18年8月~20年6月の平均搭乗率は79・9%。同社が目標とする75~80%に達し、夏休みシーズンは90%を超える。主力とする20~30代の女性層に加え、50~60代の中高年層からの支持を集めているのが高稼働につながっているとみられる。

 ただ、新型コロナウイルスの影響を踏まえ、ピーチは「当面、高い搭乗率は期待できないが、雄大な自然を抱える道東には本州からの避暑観光需要はある。時間をかけて搭乗率を上げたい」(広報・サステナビリティ推進室)と話す。

 釧路市は7月21日、市本庁舎に就航を祝う横断幕を設置し、歓迎ムードを演出している。「できるだけ多くの人に搭乗してもらえれば」(観光振興室)と期待を寄せる。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:新千歳空港エリア おすすめキャンプ場 第一弾
TRAVEL INFO.
旅行情報 新千歳空港エリア おすすめキャンプ場 第一弾
写真:ひとつの列車で、ひとめぐり
TRAVEL INFO.
旅行情報 ひとつの列車で、ひとめぐり
写真:阿寒摩周国立公園エリア おすすめ観光スポット紹介 第二弾
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園エリア おすすめ観光スポット紹介 第二弾

MOVIE

HOKKAIDO LOVE! プロジェクト コンセプトムービー