写真:ヒヨドリの群れ 海峡渡る 松前・白神岬
北海道の今

ヒヨドリの群れ 海峡渡る 松前・白神岬

2020年10月30日

渡り鳥の通過ルートとして知られる北海道最南端の渡島管内松前町の白神岬で、ヒヨドリの群れが越冬のため、津軽海峡対岸の青森県竜飛崎へ向けて飛び立っている。

 17日の早朝、白神岬付近の草地には、「ピー、ピー」という鳴き声とともに、数百羽のヒヨドリが姿を現した。飛び立った群れは上空で他の一群と合流してさらに大きくなり、猛禽(もうきん)類を避けるために海面すれすれへ急降下し、約20キロの海峡を渡っていった。

札幌市から観察に訪れた会社員斎藤緑さん(55)は「本州へ仲間と向かっていくスケールの大きさに感動した」と話した。日本野鳥の会道南檜山によると、ヒヨドリの渡りは11月中旬まで見られるという。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:ひがし北海道バケーション|サブスクでおトク!ひがし北海道の旅!
TRAVEL INFO.
旅行情報 ひがし北海道バケーション|サブスクでおトク!ひがし北海道の旅!
写真:北海道で手軽に雪遊びやパウダースノーを体感しよう!
TRAVEL INFO.
旅行情報 北海道で手軽に雪遊びやパウダースノーを体感しよう!
写真:公共交通で旅する ひがし北海道
TRAVEL INFO.
旅行情報 公共交通で旅する ひがし北海道

MOVIE