写真:東川の名水でビール 「ヒガシカワエール」お披露目
北海道の今

東川の名水でビール 「ヒガシカワエール」お披露目

2020年11月25日

東川町民ら5人がビールを委託製造し、8日、お披露目会を町複合交流施設「せんとぴゅあ1」で開いた。地元の地下水を使って香りが良く味わい深く、「HIGASHIKAWA ALE(ヒガシカワエール)」と名付けた。5人は「東川をビールでPRしたい」といい、来年、醸造所を造り、自ら製造に乗り出す。

 5人は町内でコーヒー店を経営するカール・ウィルコックさん(45)や旭川市の大雪地ビールに勤める高木ドルフ・里樹さん(32)ら友人同士。環境省の「平成の名水百選」に選ばれた町内の「大雪旭岳源水」を使ってビールを造ろうと思い立ち、大雪地ビールに委託して600リットル造った。麦芽はカールさんの母国英国から取り寄せ、ホップは米国から輸入した。アルコール度数は5%。

 お披露目会は来場者に検温やマスク着用を求めるなど、新型コロナウイルス感染防止策を徹底して行われ、町内外から約150人が集まった。旭川市の自営業三本雅行さん(40)は「おいしい東川の水で作ったビールを飲め、うれしい」と満足げだった。

 来年、酒造免許を取得し、小規模の醸造所を作る計画。カールさんは「今回は誰でも飲みやすい味わいにした。今後はいろいろな種類のビールを造りたい」と話した。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:旅で北海道を元気にしよう!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 旅で北海道を元気にしよう!
写真:ポケモン特別塗装機「ロコンジェット北海道」運航開始!
TRAVEL INFO.
旅行情報 ポケモン特別塗装機「ロコンジェット北海道」運航開始!
写真:プレゼントキャンペーン開催!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 プレゼントキャンペーン開催!

MOVIE