写真:ゴジュウカラ 冬に備え小さな実蓄え
北海道の今

ゴジュウカラ 冬に備え小さな実蓄え

2020年11月25日

「フィフィフィフィ」。肌寒くなった早朝、樹齢が百年を超える大木が目立つ十勝管内の神社にゴジュウカラが現れた。

 数分前までエゾリスがいた場所で、くちばしを器用に使い、落ち葉を拾い上げている。エサとなる昆虫を探しているようだが、実はエゾリスが食事の際に落としていった実のかけらを探している。離れた場所からエゾリスの行動をじっくり観察していたのだ。

 体長13センチほどのゴジュウカラは知能の高い野鳥で、エサを食べ尽くすことなく樹皮の隙間に小さな実を蓄える。鳥の中では珍しく、頭部を下に向けて歩くことができ、ほかの野鳥が届かない場所に上手にエサを隠す特殊な能力を持つ。

 色づいた葉が北風に飛ばされ、森の中から昆虫たちの姿が消える季節になると、命をつなぐ食料として隠したエサが役立つ。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:新千歳空港エリア おすすめキャンプ場 第一弾
TRAVEL INFO.
旅行情報 新千歳空港エリア おすすめキャンプ場 第一弾
写真:ひとつの列車で、ひとめぐり
TRAVEL INFO.
旅行情報 ひとつの列車で、ひとめぐり
写真:阿寒摩周国立公園エリア おすすめ観光スポット紹介 第二弾
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園エリア おすすめ観光スポット紹介 第二弾

MOVIE

HOKKAIDO LOVE! プロジェクト コンセプトムービー