写真:宗谷のタンチョウ、各地で繁殖を確認 豊富でNPOが勉強会
北海道の今

宗谷のタンチョウ、各地で繁殖を確認 豊富でNPOが勉強会

2021年01月15日

国の特別天然記念物タンチョウについて、宗谷管内の生息状況を報告する勉強会が19日、サロベツ湿原センターで開かれた。3人が事例を紹介し、20人が聞き入った。

 NPO法人サロベツ・エコ・ネットワークが主催した。冒頭、同ネットワークの長谷部真さんが、サロベツ湿原や稚内、浜頓別での繁殖現状について、ドローンによる観測や目視、聞き取りによる調査結果を講演。「サロベツ地域では今年、成鳥と幼鳥、亜成鳥計17羽を確認した」と述べ、3年前には幼鳥が感電し死亡した事例も紹介した。

 続いて、日本野鳥の会道北支部の小俣孝範さんと村山良子さんが、猿払と枝幸におけるタンチョウの繁殖状況を報告した。

 この後、小俣さん、村山さん、長谷部さんの3人が座談会を行い、「子供たちにタンチョウについての環境教育をしていきたい」「観察を次世代に引き継いでいければ」「宗谷管内でタンチョウ繁殖についての情報交換の場ができれば」といった意見が出された。

 出席者の1人は「宗谷でタンチョウが繁殖していると知りうれしい。自分もできることをしていきたい」と話していた。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:新千歳空港エリア おすすめキャンプ場 第一弾
TRAVEL INFO.
旅行情報 新千歳空港エリア おすすめキャンプ場 第一弾
写真:ひとつの列車で、ひとめぐり
TRAVEL INFO.
旅行情報 ひとつの列車で、ひとめぐり
写真:阿寒摩周国立公園エリア おすすめ観光スポット紹介 第二弾
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園エリア おすすめ観光スポット紹介 第二弾

MOVIE

HOKKAIDO LOVE! プロジェクト コンセプトムービー