写真:HACサーブ1機が退役 函館空港で記念イベント 横断幕で見送り
北海道の今

HACサーブ1機が退役 函館空港で記念イベント 横断幕で見送り

2020年12月29日

北海道エアシステム(HAC)のプロペラ機「サーブ340B」(36席)の1機が29日に退役し、函館空港で最終飛行を記念する行事が開かれた。

 HACは運航を始めた1998年と99年に、スウェーデン製の同型機計3機を導入。今年4月から機材を大型化するため、フランス製の新型機「ATR42―600」(48席)への更新を進めている。今回退役したサーブ機は99年に導入した機材で、同型機3機のうち初の退役となった。

 最終飛行は函館午後3時45分発の丘珠行きで、33人が搭乗。社員らが搭乗客に記念品を配り、「21年間ありがとう」と書かれた横断幕を持ち出発を見送った。同便に乗るため神奈川県から訪れた会社員若松和也さん(35)は「よく丘珠に行きサーブ機の写真を撮った。最後の便に乗ることができてよかった」と話した。

 HACは残る同型機2機を来年中に順次退役させる予定。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:新千歳空港エリア おすすめキャンプ場 第一弾
TRAVEL INFO.
旅行情報 新千歳空港エリア おすすめキャンプ場 第一弾
写真:ひとつの列車で、ひとめぐり
TRAVEL INFO.
旅行情報 ひとつの列車で、ひとめぐり
写真:阿寒摩周国立公園エリア おすすめ観光スポット紹介 第二弾
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園エリア おすすめ観光スポット紹介 第二弾

MOVIE

HOKKAIDO LOVE! プロジェクト コンセプトムービー