写真:寒風の中 当たり待つ 三笠・桂沢湖 ワカサギ釣り解禁
北海道の今

寒風の中 当たり待つ 三笠・桂沢湖 ワカサギ釣り解禁

2021年01月17日

三笠市内の桂沢湖で16日、恒例のワカサギ釣りが解禁され、家族連れらが冬の風物詩を楽しんだ。

 氷の厚さは約5センチで、氷の上に30~40センチの圧雪が積もる。時折強い風が吹く中、愛好家らが湖面でテントを張ったり防寒具を着込み、30センチ四方の穴に釣り糸を垂らして当たりを待った。

 毎年訪れている札幌市の自営業金戸悟さん(56)は、仲間と3人で5~7センチのワカサギ350匹ほどを釣った。「桂沢湖は水がきれいなので、魚がおいしい。天ぷらや唐揚げにして食べたい」と話した。

 釣り穴使用料は300円。午前9時~午後4時で、3月中旬までの予定。問い合わせは桂沢国設スキー場(電)01267・6・8235へ。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE