写真:早い春告げるウラホロイチゲ 浦幌
北海道の今

早い春告げるウラホロイチゲ 浦幌

2021年04月02日

十勝に春の訪れを告げるウラホロイチゲが、平年より10日ほど早く町統太(とうぶと)で咲き始めた。冬枯れた落ち葉を押しのけて白い花を付け、まだ冷たさが残る春風を吸っている。

 町立博物館の持田誠学芸員(48)によると、平年は4月中ごろから花が咲く。

 しかし、今年は桜前線の北上が早く、十勝では、その先陣を切るように、ウラホロイチゲが「山笑う」季節の到来を告げた。

 環境省がレッドリストで「絶滅危惧2類(絶滅の危険が増大)」に指定するこの花は、カムチャツカ半島やロシア沿海地方にも分布する「氷河期の生き残り」。春に敏感なのは、過酷な環境に置かれた厳寒の時代を知っているからかもしれない。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:新千歳空港エリア おすすめキャンプ場 第一弾
TRAVEL INFO.
旅行情報 新千歳空港エリア おすすめキャンプ場 第一弾
写真:ひとつの列車で、ひとめぐり
TRAVEL INFO.
旅行情報 ひとつの列車で、ひとめぐり
写真:阿寒摩周国立公園エリア おすすめ観光スポット紹介 第二弾
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園エリア おすすめ観光スポット紹介 第二弾

MOVIE

HOKKAIDO LOVE! プロジェクト コンセプトムービー