写真:ニセコ長期滞在 共同プラン 小規模宿泊施設5棟が推進
北海道の今

ニセコ長期滞在 共同プラン 小規模宿泊施設5棟が推進

2021年04月20日

町内の小規模宿泊施設でつくる「ニセコ☆ロングステイ推進協議会」(中島日出男会長)は5月から、長期滞在者向けの宿泊プランを加盟する宿泊施設5棟で共有する。新型コロナウイルス禍で打撃を受ける中、老舗の宿泊施設だからできるサービスを用意し、大規模コンドミニアムとの違いを打ち出して、集客につなげたい考えだ。

 各施設とも例年の冬期間は、国内客を中心にほぼ満室で稼働を続けていたが、今冬は新型コロナ禍で、どの施設も稼働率が前年比約90%減と打撃を受けた。このため国内の長期滞在者の獲得に力を入れたものの、施設単体では広報力が弱く、協議会を2月に結成し、準備を進めてきた。

 売りにするのは、どの施設も30年を超えるニセコの老舗だからこそ提供できるプランだ。積丹の漁師と連携した漁船クルーズや、ガイド付きでの町の自然探索プランを用意。また施設間の好きな場所で、朝夕食を食べることができるようにするなどした。

 ニセココテージボンゴ広場の佐々木玄代表は「長く滞在することで感じてもらえるニセコの魅力がある」と力を込める。同協会は町内の他の宿泊施設にも参加を呼びかける予定で「連携の輪が地域で広がれば」と期待している。

 同協議会には「カントリー イン ミルキーハウス」「ペンション コットンファーム」「ニセココテージ ボンゴ広場」「リゾートハウス ニセコファースト」「ペンション ルポーゼ」が参加している。問い合わせは、ボンゴ広場(電)0136・44・2098へ。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE