写真:豊作願う 田植えシーズン到来 美唄
北海道の今

豊作願う 田植えシーズン到来 美唄

2021年05月12日

全道一の米どころの空知で今年も田植えの季節を迎えた。12日には美唄市農協管内のトップを切り、市内茶志内の阿部頼義さん(58)の水田で作業が始まった。

 4月下旬からビニールハウスで育てた、長さ12センチほどの「おぼろづき」の苗を、田植機が小気味よい音を奏でながら水田に8列に並べていった。この日は空が晴れ渡り、最高気温も前日を6・2度上回る17・2度と、夏場に好天が続いて出来秋に恵まれた昨年を思い起こす絶好の田植え日和。阿部さんは「おいしいものをたくさん作って消費者に届けたい」と話していた。

 同農協管内の主食用米の作付面積は昨年より1割ほど少ない1580ヘクタールを予定し、7440トンの収穫を見込む。空知総合振興局によると、昨年は空知管内全体では加工用などを含め、全道で最も多い4万4700ヘクタールで作付けした。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE