写真:奈良美智さんが道内で初の写真展 札幌と小樽で29日から 店主らとの交流が縁
北海道の今

奈良美智さんが道内で初の写真展 札幌と小樽で29日から 店主らとの交流が縁

2021年04月28日

世界的な美術家奈良美智(ならよしとも)さん(61)の写真展が、29日から札幌市と小樽市の雑貨店や飲食店など13店で始まる。絵画や立体作品で知られる奈良さんが、道内で写真展を開くのは初めて。店主らと数年間交流を続けた縁で実現。個性派ぞろいの各店の日常を彩る展示となっている。

 奈良さんが上海やニューヨーク、アフガニスタン、北海道など国内外を旅しながら撮りためた作品が、各店に数枚から数十枚並ぶ。

 雑貨店などが入る「庭ビル」(札幌市中央区大通西17)には絵本の本棚に調和するよう道内の馬の写真が飾られ、靴店「カグラ」(同区大通西16)にはサハリンの先住民族の靴にフォーカスした写真を展示。旅先で出会った子どもたちの素朴な表情を収めた写真も数多くある。小樽唯一の会場の雑貨店「ビブレ サ ヴィ+ミーユ」は築100年以上の歴史的な建築で、参加店の雰囲気も個性的だ。

 きっかけは5年ほど前。札幌市中央区で雑貨店「カスタネット」(大通西17)を営む那須純子さん(51)が、道内のアートイベントで知り合った奈良さんの写真にひかれ、相談した。

 その中で美術館やギャラリーではなく、那須さんの知り合いの店に作品を並べ、そこを訪れる常連客など顔の見える「小さなコミュニティー」(奈良さん)に向けた展示に行き着いた。

 その狙いについて「子どもの頃、小学校区内の小さな世界でもすごく充実していた。当時のように、人と確実なつながりのあった世界に回帰したい。そんな願望があった」と説明する。

 昨年から何度も各店に足を運び、展示の構成を話し合ってきた。今月24日から各店で準備を進め、「一緒に展覧会を作り上げていくことにみんなワクワクしていて、うれしかった」という。「常連のお客さんが『ちょっといつもと(雰囲気が)違うな』と感じて作品を見て、お客さん同士の会話が生まれたら」と願う。

 展示は各店の営業日や営業時間内で5月9日まで。観覧無料(飲食店は1オーダー必要)。詳しくは、写真展特設サイト(https://atyhs.net/)へ。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE