写真:春のサロマ湖 ウニ続々 漁ピーク
北海道の今

春のサロマ湖 ウニ続々 漁ピーク

2021年05月01日

サロマ湖でエゾバフンウニ漁がたけなわだ。鉄製の爪がついた網を引きずって湖底のウニを取る「けた引き漁」が盛んに行われている。

 サロマ湖のウニ漁は湧別、常呂、佐呂間の3漁協が行っており、今年は4月12日に始まった。湧別漁協の登栄床漁港では28日、約400キロが水揚げされた。

 同漁協うに部会長の平形康浩さん(48)は、朝5時から操業。1日の割当量の約100キロをとり終え、港に戻った後、家族4人で出荷に向け作業。殻を割ってヘラで身をすくい、ピンセットでごみを取り除いた。

 平形さんは「サロマ湖のウニはあまり知られていないが、おいしいので一度食べてほしい」と話した。

 この日の取引価格は、折り(100グラム)が1700円前後。塩水パック(同)は等級によって1650~840円。昨年より高いといい、湧別漁協は「オンライン注文が大幅に増えており、巣ごもり消費が影響しているのでは」とみる。

 サロマ湖のウニ漁はホタテ稚貝放流で忙しい5月後半を除き、6月末まで続く予定。3漁協合わせた漁獲量の上限は昨年と同じ約35トン。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE