写真:ミシュラン一つ星、津別「チミケップ」 食通が選ぶ全国10のレストランにも選出
北海道の今

ミシュラン一つ星、津別「チミケップ」 食通が選ぶ全国10のレストランにも選出

2021年06月05日

格付け本「ミシュランガイド北海道2017特別版」で一つ星を獲得した町内の宿泊施設「チミケップホテル」内のレストラン「チミケップ」が、世界の食に造詣の深い日本の食通3人が選ぶ2021年の全国10のレストランに北海道から唯一選ばれた。オホーツクの旬の山海の幸を使って創作料理を提供するホテルのシェフ渡辺賢紀さん(41)は「選んでいただいて本当に光栄。二つ星、三つ星と上を目指し、今後も料理の研さんに励みたい」と力を込める。

 全国10のレストラン選定は、英字紙「ジャパンタイムズ」の関連会社ジャパンタイムズキューブ(東京)が企画。新型コロナウイルス禍で厳しい状況が続く観光地や飲食店を応援し、収束後を見据えて国内外から客の訪問を促進することを目的に行われた。

 選考委員は、辻調理師専門学校校長の辻芳樹さん、レバレッジコンサルティング社長の本田直之さん、世界約120カ国で高級レストランを食べ歩いた会社経営の浜田岳文さんの3人。

 3人とも世界の食に造詣が深く、各自が訪れた国内のレストラン、料理店を10店ほど候補に挙げ、協議の上で10店を選定した。地方に埋もれがちな才能ある料理人も発掘したいとの思いから、東京23区と政令指定都市の店は対象から外し、秋田県、沖縄県などからも選んだ。

 シェフの渡辺さんは静岡県出身で、フランスや米国の一流レストランで修業。12年から津別町内のチミケップで腕を振るっている。

 選考委員の浜田さんは過去4回、チミケップを訪れた。昨年10月の訪問で印象に残ったのは、赤ワインで煮込んだ知床産ヒグマ肉の濃厚な味わいという。「地方で高級店といえば老舗が多い中、渡辺さんはまだ若いシェフ。地元の食材にこだわり、生産者との関係を大切にしていることも素晴らしい」と渡辺さんを高く評価し、「外国客にも自信を持って薦められる」と太鼓判を押す。

 渡辺さんは「フランス料理をベースに、ここでしか提供できない新しい料理を常に考えている。味はもちろん、見た目の美しさも大切」と力を込め、料理の道を追究している。

20210611122935-88aec3660ccd580437291df983b3a9960c3ea3ed.jpg

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:北海道宇宙サミット2021
TRAVEL INFO.
旅行情報 北海道宇宙サミット2021
写真:阿寒摩周国立公園エリア のびのび旅しませんか?
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園エリア のびのび旅しませんか?
写真:レンタカー 手ぶらでキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 レンタカー 手ぶらでキャンプ

MOVIE

HOKKAIDO LOVE! プロジェクト コンセプトムービー
HOKKAIDO LOVE! 愛してるぜ北海道。 by TEAM NACS 新しい旅のスタイルへ。