写真:道遺産の旧士幌線橋梁落書き 建設業者が無償消去 上士幌
北海道の今

道遺産の旧士幌線橋梁落書き 建設業者が無償消去 上士幌

2021年06月13日

北海道遺産に登録されている町内の「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁(きょうりょう)群」の一部に落書きが見つかった問題で、町内などの建設業者は12日、落書きを消す作業をボランティアで行った。

 落書きは音更川の渓谷に沿って1936年(昭和11年)に建築された「第二音更川陸橋」で見つかった。消去作業は午前8時半から始め、建設会社の川村組(上士幌)と協力会社の大成塗装工業(音更)の社員5人が参加。汚れを浮かせるシンナーなどの溶剤を使い、約3時間半かけて鉄製のブラシでこすって消した。

 落書きはアーチの内側の縦2メートル、横2・5メートルほどの範囲に黒っぽいスプレーとみられる塗料で英語のような文字が書かれていたが、ほぼ見えなくなった。

 町観光協会によると、この陸橋は所有者不明。同協会から相談を受けた2社は地域貢献のため無償で引き受けた。川村組の現場責任者森井博之さん(65)は「ほぼ元通りに消せて良かった。道の遺産にも登録されている貴重な橋なので、大切に守っていきたい」と話した。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:旅で北海道を元気にしよう!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 旅で北海道を元気にしよう!
写真:ポケモン特別塗装機「ロコンジェット北海道」運航開始!
TRAVEL INFO.
旅行情報 ポケモン特別塗装機「ロコンジェット北海道」運航開始!
写真:プレゼントキャンペーン開催!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 プレゼントキャンペーン開催!

MOVIE