写真:トンネルで熟成 ワインのお味は 豊平峡で専門家ら試飲
北海道の今

トンネルで熟成 ワインのお味は 豊平峡で専門家ら試飲

2021年06月18日

札幌開建は17日、豊平峡ダム(札幌市南区)の作業用トンネルで貯蔵実験中の道産ワインと茶葉の試飲会を現地で行った。実験に参加している札幌のワイナリーと日本茶専門店の関係者ら約20人が熟成によるまろやかさや香りを確認した。

トンネルは長さ50メートル、高さ2・5メートル。約50年前に岩盤調査などのため掘られ、普段は使われていない。温度約10度、湿度100%に保たれ、長期熟成に適していることから、同開建は2015年から「八剣山ワイナリー」(南区)「さっぽろ藤野ワイナリー」(同)のワイン、16年から「お茶の玉翠園」(中央区)の茶葉を貯蔵。各社は品種や期間を変えながら味の変化を研究しており、蔵出ししたものは「ダム熟成」の付加価値をラベルなどでPRして販売している。

試飲会は2年ぶりに行われた。6年貯蔵したワインなどトンネルから蔵出ししたばかりのものが振る舞われ、ソムリエや日本茶インストラクターが味や香りの違いを解説した。

赤ワインなど約1200本を貯蔵するさっぽろ藤野ワイナリーの醸造責任者秋元崇宏さん(32)は「ワインを長期熟成できる環境は少なく、トンネル貯蔵は道産ワインの価値を高めるきっかけになる」と話した。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:新千歳空港エリア おすすめキャンプ場 第一弾
TRAVEL INFO.
旅行情報 新千歳空港エリア おすすめキャンプ場 第一弾
写真:ひとつの列車で、ひとめぐり
TRAVEL INFO.
旅行情報 ひとつの列車で、ひとめぐり
写真:阿寒摩周国立公園エリア おすすめ観光スポット紹介 第二弾
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園エリア おすすめ観光スポット紹介 第二弾

MOVIE

HOKKAIDO LOVE! プロジェクト コンセプトムービー