写真:森を育てるフリーのきこり
北海道の今

森を育てるフリーのきこり

2021年06月19日

森の中を、けたたましいチェーンソーのエンジン音が響く。大木がごう音を立てて木々の間に倒れると、土ぼこりが舞う。「よし、狙い通り」。足立成亮(しげあき)さん(38)が満足そうに笑った。

札幌市や旭川市を拠点に、木を切り、森を育てる「フリーのきこり」だ。個人の山主や自治体から直接依頼され、山林の管理を行っている。

 伐採から搬出、製材や販売など林業全般を黙々と1人でこなす。「自分の腕ひとつで生きていく。やりがいがありますよ」

札幌市の大学在学中から、木や森など自然をテーマに写真を撮影し、作品として発表する活動をしていた。「地球環境に関わる仕事がしたい」と2009年から3年間、オホーツク管内滝上町で、林業会社などに勤め、現場の作業を学んだ。

12年、より自然に負荷をかけず、人と自然の関わりを深める林業を目指してフリーランスとして独立した。

きこりの仕事は多岐にわたる。苗木の植え付けや枝打ち、間伐、伐採、搬出など。中でも、木材搬出用の「森林作業道」造りに力を入れる。最小限の伐採で、機能的かつ自然に溶け込む「歩いて気持ちのいい道」を心掛ける。

豊かな自然を未来につなげていくためには、多くの人に関心を持ってもらい、森に足を運んでもらうことが重要だと考えるからだ。「そのためには、山や森にアクセスするための『道』が大切なんです」

独立して10年。足立さんの目指す林業が広がりを見せはじめる。林業を志す人や、学生が「足立さんの林業を学びたい」と訪れる機会が増えた。「以前は少数派だったけど、この考えがもっと広がっていけばいい」と願う。

森林資源が守られ、誰もが気軽に自然に触れられる未来に向けて、足立さんは今日も寡黙に道をつける。

20210626071318-c9bfc9730cca3373cc4209b12d284fd257de0026.jpg

20210626071345-b24655bb6e9660d1ff09e3f983e8bbef2f486a07.jpg

20210626071412-93e99f22a0b132942ad69bca6f984019cdd31b6d.jpg

20210626071433-1658bdc458f7b1c5ed444bdabdc94b6cbb53c507.jpg

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:新千歳空港エリア おすすめキャンプ場 第一弾
TRAVEL INFO.
旅行情報 新千歳空港エリア おすすめキャンプ場 第一弾
写真:ひとつの列車で、ひとめぐり
TRAVEL INFO.
旅行情報 ひとつの列車で、ひとめぐり
写真:阿寒摩周国立公園エリア おすすめ観光スポット紹介 第二弾
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園エリア おすすめ観光スポット紹介 第二弾

MOVIE

HOKKAIDO LOVE! プロジェクト コンセプトムービー