写真:利尻富士でゆったり滞在、魅力感じて ワーケーションや体験移住、宿泊無料に 町「交流人口増やしたい」
北海道の今

利尻富士でゆったり滞在、魅力感じて ワーケーションや体験移住、宿泊無料に 町「交流人口増やしたい」

2021年07月02日

町は仕事と観光を兼ねて滞在するワーケーションや、移住希望者に無料で町内の宿泊施設を貸し出す体験移住事業を始めた。体験移住は既に札幌市の女性1人が1週間滞在し、ワーケーションでは今後、道内外から2組が島暮らしを体験する。

 移住体験とワーケーションは昨年10月に営業を始めた宿泊施設「旅番屋」を町が借り上げて実施。宿泊期間は6泊7日以上13泊14日以内。滞在中は島での暮らしの感想な

どを会員制交流サイト(SNS)で発信することが条件で、島外の人の目線で島の良さをPRしてもらいたい考えだ。

 町は4月に立ち上げた移住・定住情報を発信するインターネットサイト「利尻富士ぐらし」などを通じ、希望者を募っている。

 町は「利尻島の冷涼な夏の生活を体験し魅力を知ってもらい、今後の交流人口増加につなげたい」と期待する。本年度の関連予算は388万円。

 体験移住を6月21~27日に楽しんだ札幌市西区の那須美菜子さん(60)は町内でコンブ干しやウニむきも体験。「15年前に家族旅行で数泊滞在した際は食べ物がおいしいという印象だけだったが、今回は島民の人柄や生活習慣が分かった。短期滞在では見えない新しい発見があった」と感想を話した。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE