写真:タンチョウ 羽幌に2年ぶり飛来
北海道の今

タンチョウ 羽幌に2年ぶり飛来

2021年07月13日

国の特別天然記念物タンチョウ2羽が9日、町朝日の水田で確認された。北海道海鳥センター(羽幌町)によると、タンチョウが町内で観察されたのは2019年6月以来2年ぶり3度目。首などの黒い部分の色が薄い若鳥とみられ、くちばしを田んぼの中に突っ込み、盛んに餌を探していた。

 タンチョウを見つけた町朝日の農業片山孝行さん(52)は、「頭が赤いので、すぐにタンチョウだと分かった。貴重な機会なので、少しでも長く滞在してくれたら」と願う。ただ、タンチョウはその後、飛び去ったもよう。

 タンチョウの繁殖は道北のサロベツ原野やクッチャロ湖(浜頓別町)で確認されている。海鳥センターでは「1、2歳の若鳥なので別の個体。つがいではない可能性も高い」とみている。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:新千歳空港エリア おすすめキャンプ場 第一弾
TRAVEL INFO.
旅行情報 新千歳空港エリア おすすめキャンプ場 第一弾
写真:ひとつの列車で、ひとめぐり
TRAVEL INFO.
旅行情報 ひとつの列車で、ひとめぐり
写真:阿寒摩周国立公園エリア おすすめ観光スポット紹介 第二弾
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園エリア おすすめ観光スポット紹介 第二弾

MOVIE

HOKKAIDO LOVE! プロジェクト コンセプトムービー