写真:迫力満点クルーズ ガリンコ号でホタテ漁見学
北海道の今

迫力満点クルーズ ガリンコ号でホタテ漁見学

2021年07月26日

流氷観光船ガリンコ号3イメル(366トン)から、紋別沖のホタテ桁びき漁を見学するクルーズが22日始まった。乗客は迫力あふれる漁を間近に眺め、漁業者と手を振り合ったり拍手したりしていた。

 初日は83人が乗船。朝8時、紋別港を出航したガリンコ号は、10隻ほどの漁船が操業する約7キロ沖へ。数十メートルまで近づくと、海中から「八尺」と呼ばれる鋼鉄製の網を引き揚げ、網いっぱいのホタテを、ガラガラという音とともに船上に積み上げる様子が見られた。

 イメルでは、地元で40年間ホタテ漁に携わった元漁師の西村清司さん(64)がガイド役として、「1回で3、4トン揚げます」などとスピーカーを通して解説。

 父親の漁の様子を見に来た市内の小学4年生、高木珠里さん(9)は「初めて見たが大変そうだった。パパは分からなかったけど手を振った」と笑顔だった。

 乗客は下船後、海洋交流館でホタテ入りちらしずしなど、各店の特別メニューを味わった。ホタテ漁クルーズは8月7、9、28日も行われる。予約はオホーツクガリンコタワー社(電)0158・24・8000へ。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE