写真:旭川で田んぼアート見ごろ
北海道の今

旭川で田んぼアート見ごろ

2021年07月24日

水田に色が異なる稲を植えて絵を描く「田んぼアート」が旭川市東鷹栖7線18で見ごろを迎えている。「未来へつなぐ2021」をテーマに、市と上川管内鷹栖町のキャラクターがバトンを受け渡す姿を描いた。

 たいせつ農協青年部などでつくる実行委が2006年から行っている。縦40メートル、横170メートルの水田をキャンバスに見立て、6月中旬に緑色の「ななつぼし」の苗のほか、紫や白など5色の観賞用の苗を植えた。

 図柄は鷹栖町のキャラクター「あったかすくん」が旭川市のキャラクター「あさっぴー」にバトンを手渡す姿を描いたもので、厳しいコロナ禍を乗り切ってほしいとの願いを込めた。

 絵は脇にある高さ約8メートルの展望台から眺められる。実行委は「未来への希望を表現しているところを見てほしい」と話す。見ごろは8月中旬まで。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE