写真:ハヤブサ 崖の上のスピードスター
北海道の今

ハヤブサ 崖の上のスピードスター

2021年07月19日

太平洋に面した十勝管内の崖。洋上を渡る鳥の姿を確認したハヤブサが飛び立つ。

 ハヤブサの特長は飛行能力。水平飛行で時速100キロ、空高く飛び高速で急降下するときには300キロを超え、鳥類最速を誇る。獲物に体当たりし、バランスを崩し落下したすきに捕らえるが、狩りに失敗することもある。スピード優位で上下左右に動くことは苦手なため、細かい動きで逃げ切られてしまうのだ。

 春から夏は子育ての時季。育ち盛りのヒナは食欲旺盛で、親からエサを与えられ2カ月ほどで親と同じくらいの大きさに成長する。巣立ち直後は狩りができないため、秋まで親にエサをもらいながら飛行能力に磨きをかける。

 冬鳥が北から渡ってくるころには独り立ちし、自らの力で狩りを行うスピードスターに成長する。(茂忠信、写真も)

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE