写真:幸せ…夕張メロン食べ放題 市内2店、個人客中心に需要回復
北海道の今

幸せ…夕張メロン食べ放題 市内2店、個人客中心に需要回復

2021年07月16日

夕張メロンの食べ放題サービスが市内2カ所の店舗で行われており、好評だ。新型コロナウイルス禍の影響で、食べ放題サービスを目当てに夕張を訪れてきた団体客が2年続けて来られなくなったが、個人客を中心に観光需要が回復しており、2店とも昨年よりは客足が増えている。

 夕張メロン販売のユウシン(札幌)が夕張メロンドーム横のビニールハウス「なつぞら」(沼ノ沢)で、市内の旅行会社ネクスト夕張ハルクスが市農協銘産センター「めろんのテラス」(滝ノ上)で、それぞれ食べ放題を実施している。

 このうち、団体客を中心に受け入れてきた、なつぞらの今年の売り上げは、一昨年と比べ半分以下となっているが、昨年と比べると5倍の伸び。週末は30人ほどが訪れるという。観光需要の回復に加え、同社ではインターネットの予約サイトを今年初めて開設したことで、個人客の取り込みにつながっていると分析する。

 個人客が中心のめろんのテラスでは、6月25日のサービス開始から2週間ほどで1500人が来店。1カ月だけ営業した昨年の2千人を超える勢いとなっている。

 14日に職場の同僚4人と帯広市から日帰りで訪れた横山真嗣さん(39)は「この食べ放題がプチ旅行のメインイベント。最高に甘い」と満足そうだった。

 2店の営業期間、問い合わせは次の通り。

 ▽なつぞら 8月上旬まで。(電)0123・57・7030▽めろんのテラス 8月15日まで。(電)0123・57・7651。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE