写真:アカエリヒレアシシギ 初夏の海 北極圏への旅
北海道の今

アカエリヒレアシシギ 初夏の海 北極圏への旅

2021年07月12日

海岸線に渡り鳥のシギやチドリの姿が目立つようになり、夏本番も近い。

 礼文島の海岸を100羽ほどの群れでシギが飛ぶ。アカエリヒレアシシギだ。舌をかみそうな和名は、首の周囲を取り巻く夏毛が赤いためアカエリ、足指の間に膜があるためヒレアシという単純な由来だ。体長19センチほどで、フィリピンなど東南アジアで越冬し、夏になると北極圏を目指す旅鳥だ。

 道東の海岸線では春から初夏に北へ向かう群れ、秋に南へ向かう群れを観察することができる。海面に浮いているときはエサを探しせわしなく動き、1羽が飛び立つと周りの個体も追随する。常に動いているため、体色や足指の膜を確認するのは難しい。

 右へ、左へと想定できない群れの動きに手玉を取られ、シャッターを切るタイミングがなかなか計れない。(茂忠信、写真も)

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE