写真:トマム富良野バス試験運行開始 滞在型観光に可能性 ワーケーションの利用にも期待
北海道の今

トマム富良野バス試験運行開始 滞在型観光に可能性 ワーケーションの利用にも期待

2021年08月02日

JR富良野駅を出発し、南富良野町の観光スポット付近の駅などを巡り、占冠村のトマム駅と無料往復する「トマム富良野バス」の試験運行が7月31日に始まった。滞在型観光や、旅先に滞在しながら仕事をするワーケーションの利用推進を目的に、富良野美瑛広域観光推進協議会(事務局・富良野市)が9月20日までの土日祝日に1日1往復させる。初日のバスに乗ってみた。

 午前7時15分、ふらのバスの大型バスが関係者と記者の計3人を乗せて富良野駅を出た。市内のホテル2カ所を経由し、ゴムボートで急流を下る「ラフティング」が近くで楽しめる南富良野の落合駅、占冠の星野リゾートトマムを経て同9時半にトマム駅に着いた。

 復路便が同11時半に同駅を出るまでの2時間半、リゾート内の牧場や遊歩道を散策し、青空の下で解放感を満喫しながらヤギや牛と触れ合った。

 復路便には、中富良野のラベンダー畑に向かう星野リゾートの宿泊客4人が乗車。長野県から来た60代女性は「レンタカーは慣れない道で疲れる。バスなら全員が景色を楽し

める」と話した。富良野駅で列車に乗り換えて目的地に行き、帰りはタクシー利用という。

 バスは道の駅南ふらので30分間停車後、午後1時45分に富良野駅、同2時15分に終点の新富良野プリンスホテルに到着。記者はトマムで楽しんだが、落合駅で降りて復路便までの3時間半を使い、アウトドア体験の有料プログラムに参加する方法もあると思った。

 バスは専用サイト(https://www.optbookmark.jp/plans/2887/preview)からの事前予約が必要。乗車前日午後5時まで受け付ける。定員40人で、空席がある場合は当日午前6時まで予約できる。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE