写真:大雪山系「高山植物街道」花盛り
北海道の今

大雪山系「高山植物街道」花盛り

2021年07月19日

大雪山系は花が一斉に開く季節を迎えた。登山口がある上川管内上川町銀泉台から白雲岳(2230メートル)までの登山道は、自生する固有種や希少種が多い天空の高山植物街道だ。好天に恵まれた17日は、多くの登山者が訪れた。

 銀泉台から歩いて1時間半の駒草(こまくさ)平はコマクサの群生地。ピンクの花びらにハチやチョウが飛び交っていた。さらに進むと、白い雪渓のすぐ横に紫のエゾコザクラが咲き、白と黄のチングルマとピンクのエゾノツガザクラの群落が青空に映える。

 赤岳(2078メートル)を越え小泉岳(2158メートル)に向かう稜線(りょう せん)上は、大雪山系の固有種、青紫のホソバウルップソウが点在し、近くには希少種のチョウノスケソウも。小泉岳を越えると、国内では大雪山系だけに自生するキバナシオガマが咲く。白雲岳の山頂から旭岳(2291メートル)方面の眺めは、雪渓の白と尾根のハイマツの緑が幾重にも連なるゼブラ(シマウマ)模様だ。

 気温約15度。1年で最も高温の時期だが、2カ月もたてば初雪が降る。大雪山系「一瞬の夏」だ。

20210806153728-6739b81bfc631de2591a29dfeb93ca86886c1f32.jpg20210806153728-4c0fd7a7a880c533c4783697de9a0dc9ab0efd04.jpg

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE