写真:国内最大傾斜を滑る 遠軽に「ジップライン」14日開業
北海道の今

国内最大傾斜を滑る 遠軽に「ジップライン」14日開業

2021年08月13日

滑車付きのハーネス(安全帯)を体に着け、山中に張ったワイヤロープを滑り降りる「ジップライン」の施設「森のOWL(アウル)」が14日、オホーツク管内遠軽町のえんがるロックバレースキー場に開業する。町によると国内最大の傾斜があり、最高時速70キロのスピードに加え、オホーツク海や湧別川流域を一望できる。13日に開業セレモニーが行われた。

 町が「日本一」とうたう最大傾斜は25%。中継地点を挟んで全長1135メートルで、山頂のスタート地点からゴールのやぐらまでの高低差250メートルも道内最大という。山頂まではスキー場リフトを利用する。

 町が新しい観光の目玉として、事業費約3億6200万円をかけ整備。開業セレモニーでは、佐々木修一町長が「オホーツクの魅力を発信する拠点にしたい」とあいさつし、女性リポーターが実況の音声を流しながら滑走した。

 料金は1人3500円(遠軽町民は半額)。体重25~110キロの小学生以上が条件。妊婦や心疾患のある人など一部利用できない場合もある。悪天候時は休止。受け付けは午前10時~午後3時半(9月以降は午後2時半まで)。問い合わせは道の駅・遠軽 森のオホーツク(電)0158・42・4536へ。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE