写真:ベニザケ、深紅の輝き 千歳水族館で婚姻色に
北海道の今

ベニザケ、深紅の輝き 千歳水族館で婚姻色に

2021年09月07日

秋の遡上(そじょう)の時期に胴体が真っ赤な婚姻色に染まるベニザケと、カラフトマス、シロザケなどの成魚が、千歳市の「サケのふるさと千歳水族館」(花園2)で展示されている。

 ベニザケは体長約50センチの雄5匹で、銀色の頭以外が真っ赤に染まっている。道内では本来遡上することはほとんどなく、水産研究・教育機構北海道区水産研究所(札幌)が美々川に試験放流し遡上した個体を、同館が許可を得て捕獲した。6日から展示している。

 札幌市北区の大学生佐藤昴太(こうた)さん(20)は「名前の通り真っ赤な色がきれいで目を奪われる」と楽しんでいた。同館の日原俊事業係長は「少しずつ色が薄くなってくるので今が見頃」と話す。

 ほかに北見市の常呂川で捕獲したカラフトマス約80匹や、千歳川のインディアン水車で捕らえたシロザケ約70匹も当面展示中。

 緊急事態宣言中は、同館ホームページ(https://chitose-aq.jp/)で事前予約が必要。問い合わせは同館(電)0123・42・3001へ。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE