写真:八雲・大関牧場「ペコちゃん」が案内 イラスト入り電動3輪車導入
北海道の今

八雲・大関牧場「ペコちゃん」が案内 イラスト入り電動3輪車導入

2021年09月06日

町や大手洋菓子メーカー・不二家(東京)などが出資する農業法人が今春稼働した道南初の酪農研修牧場「大関(だいかん)牧場」で、今月中にも電動3輪自動車を導入する。町内外から視察に訪れた人を乗せて、広大な敷地内を案内する時の移動などに活用。座席側面には不二家の人気キャラクター「ペコちゃん」が描かれ、愛らしい姿が注目を集めそうだ。

導入する車両は赤と青の2台。「ペコちゃん」と牧場を運営する農業法人・青年舎のそれぞれのイメージに合わせた。牧場の看板には「ペコちゃん」が描かれ、3輪自動車へのデザインは第2弾になる。

車両は全長2・1メートル、幅1メートル、高さ1・7メートルの3人乗り。家庭用電源で充電でき、一度の充電で約50キロ走行できる。普通自動車運転免許があれば、公道を走ることも可能。牛舎や事務所などがある約13ヘクタールの敷地内の視察用のほか、スタッフが農場と研修施設を行き来する際の足としての利用も想定している。

牧場は、酪農の担い手を育て、高齢化や後継者がいないなどの理由による離農を食い止めるのが目的。現在は、3人が2年間の研修を行っている。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE