写真:引退ディーゼル車 タイで復活 JRが無償譲渡 来年にも運行
北海道の今

引退ディーゼル車 タイで復活 JRが無償譲渡 来年にも運行

2021年09月12日

タイ国鉄は10日、JR北海道から、中古のディーゼル車17両を譲り受けると発表した。特急「オホーツク」(札幌―網走)、「大雪」(旭川―網走)などで使われていた車両で、改装後、来年にもタイの鉄路で活用する計画という。

 譲渡されるのは1981~82年に製造されたキハ183系の17両。2017年に引退し、現在室蘭で保管されている。車両自体は無償譲渡だが、タイ国鉄が輸送関連費4225万バーツ(約1億4200万円)を負担し、10月にもタイに到着する。

 東南アジアで日本の中古車両の人気は高く、数多く輸入されているが、使われずに放置されるケースもある。タイ国鉄が16年にJR北海道から購入した夜行列車「はまなす」の10両はいまだ稼働していない。

 タイでは今回の譲渡について、JRに感謝する声が上がる一方、「赤字続きの国鉄が高額な輸送費をかけて運ぶ価値はあるのか」といった批判も相次ぎ、議論を呼んでいる。タイ国鉄は「譲渡車両の状態はとても良い。新型コロナ禍の収束後、はまなすを含め観光列車として再利用する」と説明している。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:いま旅するなら、北海道をドライブ!
CAMPAIGN
キャンペーン情報 いま旅するなら、北海道をドライブ!
写真:【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.4】DohNa‼と、秋の函館
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
TRAVEL INFO.
旅行情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE