写真:「サケ豊漁を」伝統の祈り 釧路アイヌ協が「カムイチェプ祭」
北海道の今

「サケ豊漁を」伝統の祈り 釧路アイヌ協が「カムイチェプ祭」

2021年09月30日

釧路アイヌ協会は29日、サケを迎え入れて豊漁を願うアイヌ民族の伝統儀式「第40回カムイチェプ祭」を釧路市内の新釧路川河川敷で行い、民族衣装をまとって参加者25人が自然の恵みに感謝した。

 新型コロナウイルスの感染防止を目的に、昨年に続き他地域のアイヌ民族関係団体は招待せず、会員や賛助会員、近隣関係者のみに規模を縮小して実施。神への祈りの儀式「カムイノミ」ではヌサ(祭壇)の前に秋サケや野菜などの供物をささげ、川のほとりにもイナウ(木幣)を立てた。祭司を務めた同協会の吉川冠人会長(41)は「規模縮小は残念だが、カムイに感謝し次世代に祭りを引き継いでいきたい」と話した。

 春採アイヌ古式舞踊釧路リムセ保存会による「フッタレチュイ(黒髪の踊り)」や、白糠アイヌ協会の天内(あまない)重樹会長による「クリムセ(弓の舞)」のほか、アイヌ民族の伝統弦楽器トンコリの演奏も奉納。豊漁を願いマツとササの葉を束ねたタクサと呼ばれるおはらいの道具を川にささげた。

 吉川会長の長男碧空(そら)君(12)は「トノト(神酒)を注いで回ったり緊張したが、父の姿を見て覚えたい」と話していた。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:【Vol.7】道南ビトカードとアクティビティ
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.7】道南ビトカードとアクティビティ
写真:おもいっきり北海道
CAMPAIGN
キャンペーン情報 おもいっきり北海道
写真:道トクふり~ぱす
TRAVEL INFO.
旅行情報 道トクふり~ぱす

MOVIE