写真:田んぼ巨大絵 有終の稲刈り 旭川
北海道の今

田んぼ巨大絵 有終の稲刈り 旭川

2021年10月29日

水田をキャンバスに見立て、6色の稲で巨大な絵を描いた「田んぼアート」。たいせつ農協青年部などでつくる実行委メンバーが、旭川市東鷹栖7線18の水田で「制作」し、今季を締めくくる稲刈りが12日に行われた。

 今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止に努め、2年ぶりに展望台を一般開放。6月中旬の田植え以降、巨大絵は鮮やかな緑色から秋に黄金色へと変わり、見ごろの夏場を中心に多くの来場者の目を楽しませた。

 稲刈りには実行委メンバー15人が参加した。縦約40メートル、横約170メートルの水田に実った稲を約2時間かけてコンバインや手刈りで収穫。旭川市と鷹栖町のキャラクターがバトンを渡す図柄は役割を終えた。

 今回の田んぼアートは「未来へつなぐ」がテーマ。青年部の橋本雅典部長(35)は「17回目の実施となる来年も、未来に希望が持てるような図柄にできれば」と話していた。

20211021183127-f9bcf88c6956c8657041ca59482dc8d9359a4d9c.jpg

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:これがわたしのHOKKAIDO LOVE! 祭
CAMPAIGN
キャンペーン情報 これがわたしのHOKKAIDO LOVE! 祭
写真:【Vol.9】再ブーム到来!木彫りの熊
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.9】再ブーム到来!木彫りの熊
写真:阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ
CAMPAIGN
キャンペーン情報 阿寒摩周国立公園 サステイナブルキャンプ

MOVIE