写真:スノーキャンドル幻想的 札幌・定山渓神社
北海道の今

スノーキャンドル幻想的 札幌・定山渓神社

2022年01月28日

日没後の定山渓神社(札幌市南区)を雪で作ったスノーキャンドルの光で彩る「雪灯路(ゆきとうろ)」が、29日開幕する。28日に試験点灯が行われ、約千個の明かりが白銀の境内を幻想的に照らし出した。

 定山渓観光協会が主催し、12回目。新型コロナウイルスの感染再拡大でホテルの宿泊キャンセルが相次ぐなど温泉街にも影響が及ぶ中、少しでも活気を取り戻そうと開催期間を例年より3日間延長し、2月5日までの8日間とした。

 スノーキャンドルは、温泉街の宿泊施設や飲食店の従業員ら延べ100人が5日間かけて製作。ハート形に並べたり、プロジェクションマッピングや音楽による演出を行ったり、見せ方にも工夫を凝らしている。

 定山渓観光協会の橘真哉マネジャー(50)は「この規模の雪のキャンドルの催しは珍しい。定山渓でしか見られない冬の夜を楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 入場無料。午後6~9時。感染対策として会場入り口で検温する。詳しくは同協会(電)011・598・2012へ。

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:【Vol.7】道南ビトカードとアクティビティ
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.7】道南ビトカードとアクティビティ
写真:おもいっきり北海道
CAMPAIGN
キャンペーン情報 おもいっきり北海道
写真:道トクふり~ぱす
TRAVEL INFO.
旅行情報 道トクふり~ぱす

MOVIE