写真:北海道キャンピングカーフェス始まる 軽乗用タイプやワゴン車100台 札幌
北海道の今

北海道キャンピングカーフェス始まる 軽乗用タイプやワゴン車100台 札幌

2022年04月03日

 最新のキャンピングカーがそろった「北海道キャンピングカーフェスティバル2022」が2日、札幌市白石区のアクセスサッポロ(流通センター4)で始まった。初心者でも運転しやすい軽乗用タイプやワゴン車など約100台が並び、来場者は乗り心地や装備を比べていた。

 道内の販売会社9社でつくる実行委員会の主催。毎年開催しており、今回で25回目。

 会場には、200万円台の軽乗用タイプから、落ち着いた内装に仕上げた約1700万円の車両まで並んだ。冬のキャンプでの利用を想定した断熱性の高い車両や、災害発生時に役立つ太陽光発電パネルの装備などが来場者の関心を集めていた。

 定年退職後の利用を検討する夫婦や子育て世代の家族が、販売担当者の説明を熱心に聞いていた。家族3人でキャンプをするという札幌市白石区の会社経営山本耕司さん(44)は「キャンプではテントの組み立てが大変なので、必要な時に運べるトレーラータイプを考えている」と話した。

 業界団体の日本RV協会(横浜)によると、中古車を含めたキャンピングカーの2021年の国内販売額は過去最高の635億円を記録し、10年前と比べると3倍になった。近年のアウトドアブームに加え、新型コロナウイルス下で「3密」を避けて楽しめるキャンプ人気が高まり、購入者が増えているとみている。

 フェスティバルは3日までの午前10時~午後5時。入場料大人千円、中学生以下無料。問い合わせは実行委(電)011・861・4415へ。

20220407150920-c957575a13aff1ef1d11b2caaa34bc4a2ca6e140.jpg

(提供:北海道新聞)

RETURN
写真:【Vol.7】道南ビトカードとアクティビティ
TRAVEL INFO.
旅行情報 【Vol.7】道南ビトカードとアクティビティ
写真:おもいっきり北海道
CAMPAIGN
キャンペーン情報 おもいっきり北海道
写真:道トクふり~ぱす
TRAVEL INFO.
旅行情報 道トクふり~ぱす

MOVIE